コースについて | 関東学院大学 理工学部 情報ネット・メディアコース

コースについて

情報ネット・メディアコースでは、基礎となるITのしくみや構造を理解していきます。
ユーザーと開発者の両方の視点を身に着けたIT社会のエキスパートの育成を目指しています。

教育目標

コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの急速な発展に加えて、通信・ネットワーク工学やマルチメディア工学との融合により、新たなコンピュータ技術や情報処理技術が誕生しています。

 

情報社会をさらに発展させるには、これらの技術を利用するだけではなく、個々の仕組みを理解した上で統合して、新たな技術を生み出す力を持つ人材が必要です。

 

情報ネット・メディアコースでは、コンピュータやシステムのしくみをユーザと開発者の2つの視点からとらえることができる、創造力豊かなエンジニアの育成をめざします。

教育目標

 

教育目標

学生に対して学科専門主要科目に対する補習、質問なども随時受けています。

したがって、学生も「分かろうとする熱意」を持って質問するために研究室を訪れて勉強する姿がよく見られます。

 

ここでは学年の垣根を乗り越え、全ての学年の学生が一緒になって勉強をする姿を見ることができます。 主要な必修科目は、再履修クラスも設置して本当に実力をつけて卒業できるサポート体制を整えております。

 

在学中に難関国家試験合格を果たす学生も複数出るなど、学修結果が着実に成果として表れております。

 

情報工学・ネットワーク・マルチメディアの
3つの分野が学べる

情報工学・ネットワーク・マルチメディアの3つの分野

情報工学分野

コンピュータによる情報処理に必要なオペレーティングシステム、作り上げた情報処理の流れをコンピュータ上に実現するためのプログラミング技術、数値処理・数式処理を学びます。コンピュータの中身はどのような構造で、データはどのように処理されているのかといったことを学び、「情報」とは一体何であるかを理解します。これにより、情報のどのような形態(マルチメディア)の表現にも、ネットワークの流れの利用にも応用が可能になります。 このコースは、コンピュータ上で情報を扱うときにコアとなる科目群が配置されています。

(例)ディジタル回路、通信工学、CGプログラミング、数値計算法 など。

ネットワーク工学分野

さまざまなネットワークのしくみ、ネットワーク上での情報伝達方法、安全性の確保をさぐる手段、情報通信技術によるサービスの実態をさぐります。また、独自のネットワークを構築したり、有益な情報を発信する方法を学び、ネットワーク環境のつくり手としての知識と技能を深めます

(例)ネットワークサーバー構築演習、光情報処理、ネットワークプロトコル、ネットワーク演習Ⅰ・Ⅱ、情報セキュリティ など。

マルチメディア分野

音、音声、画像、映像(静止画、動画)などの、各種メディア情報の表現や処理技術を学びます。人間にとって直感的に理解できる形態の情報をつくるには、どのような工夫が必要かを考えます。

(例)WebSiteデザイン演習、音声情報処理、医用画像工学、画像工学 など。

 

カリキュラムについて詳しくはこちら

PAGETOP