学科について

情報ネット・メディア工学科、情報ネット・メディアコースは何について学ぶところなのかを説明しています。

教育目標

コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの急速な発展に加えて、通信・ネットワーク工学やマルチメディア工学との融合により、新たなコンピュータ技術や情報処理技術が誕生しています。情報社会をさらに発展させるには、これらの技術を利用するだけではなく、個々の仕組みを理解した上で統合して、新たな技術を生み出す力を持つ人材が必要です。

情報ネット・メディア工学科、情報ネット・メディアコースでは、コンピュータやシステムのしくみをユーザと開発者の2つの視点からとらえることができる、創造力豊かなエンジニアの育成をめざします。

聴講学生講義の様子

学生に対して学科専門主要科目に対する補習、質問なども随時受けています。 したがって、学生も「分かろうとする熱意」を持って質問するために研究室を訪れて勉強する姿がよく見られます。ここでは学年の垣根を乗り越え、全ての学年の学生が一緒になって勉強をする姿を見ることができます。 主要な必修科目は、再履修クラスも設置して本当に実力をつけて卒業できるサポート体制を整えております。在学中に難関国家試験合格を果たす学生も複数出るなど、学修結果が着実に成果として表れております。

実験風景研究室での質問

カリキュラムの特色

情報ネット・メディア工学科、情報ネット・メディアコースでは、「情報工学コース」、「ネットワーク工学コース」、「マルチメディアコース」の3つの専門コースの知識と技能を総合的に学習できるカリキュラムが編成されています。総合的に、3つの専門コースをそれぞれ組み合わせて、卒業研究にあたる複合分野を学びます。学生の皆さんは、各自の興味と将来の方向性によって自由に科目を選択することができます。これらの専門科目を学ぶための基礎として、工学基礎科目や情報基礎科目などが開講されています。

nmmFields
  • 基本情報技術者、システムアドミニストレータ、CG検定など、情報系のさまざまな試験・検定にチャレンジして資格および免許が取得できるよう、授業や講座などでサポートしています。
  • 1年次に「情報ネット・メディア工学概論」(必修)を開講し、専門分野に対する認識と理解を深めます。また、3年次に研究室を決定し「卒業研究基礎」を履修して、4年次の「卒業研究」に対する心構えや基礎知識、技能を身につけ、「卒業研究」に向けての準備をします。
  • 高校で学んだ数学や物理に自信がなく、大学の授業に不安を感じる新入生の皆さんのために、「数学基礎」および習熟度別クラス編成された「物理学」の科目が開講されています。